女性ホルモンが影響するお尻ニキビ

生理前と生理中にできるお尻ニキビ

生理前と生理中にできるお尻ニキビ

生理前や生理中にお尻ニキビが出やすいという方も多いと思いますが、
まず生理前のお尻ニキビは、女性ホルモンが影響しています。

月経周期と女性ホルモンバランス

女性ホルモンとは、卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン・ESTROGEN)と黄体ホルモン(プロゲステロン・PROGESTERONE)の2つです。

どちらも妊娠のために子宮内膜に作用するホルモンですが、生理中(卵胞期・FOLLICULAR PHASE)は子宮内膜がはがれ落ち、血液といっしょに体外へ排出されるときですので、ホルモン分泌はあまりありません。

その後、排卵期(OVULATORY PHASE)になると、卵胞ホルモン(エストロゲン)が多く分泌されます。
そして生理前(黄体期・LUTEAL PHASE)は黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く出て、妊娠の準備をします。
妊娠しなかったら卵胞期に戻り、これを繰り返します。

生理前に多くなる黄体ホルモンには皮脂が多いので、お尻の皮膚が角質化していたり汗や汚れが着いていたりすると、毛穴が詰まってお尻ニキビになる可能性が高くなるのです。
生理前2週間くらいは念入りにお尻のスキンケアをしましょう。

お尻のスキンケアには、お尻専用の「ピーチローズ」がお奨めです。

⇒ピーチローズの公式サイト


一方、生理中にできるお尻ニキビは、ホルモンの影響よりも、ナプキンなどによる蒸れが原因になっていることが多いです。

ナプキンの材質や大きさ厚さなども関係するでしょうが、蒸れやすい人は布ナプキンやタンポンも検討して、自分に合ったものを使用しましょう。

お尻ニキビが気になる


それから、生理不順やホルモンバランスの崩れは、ストレスによることが多いです。

女性ホルモン分泌は、脳の視床下部の内分泌機能によって指令(放出ホルモン)が出て、それを受けた脳下垂体から出る2種類の性腺刺激ホルモンによって、卵巣へ伝わります。
その時の状態やバランスによってどちらを多く分泌するかコントロールされています。

ストレスは、この視床下部を刺激してホルモンを過剰分泌させてしまうため、ホルモンバランスを崩してしまうのです。

ストレスを開放する方法は人それぞれですが、睡眠は正常なホルモン分泌に大切で、新陳代謝も睡眠中に活発に行われるので、睡眠はしっかり取りましょう。

また、瞑想は疑似睡眠状態になるとも言われており、ストレスを軽減させることも検証されています。
瞑想をヨガと組み合わせて行うのもお奨めです。

ラベンダーなどのアロマや、音楽、絵画などのアートもストレス軽減になるでしょう。
是非ストレスを開放してください。
        

ホーム RSS購読 サイトマップ