お尻ニキビ・原因

お尻にニキビができる原因

お尻にニキビができる原因

お尻ニキビを隠す女性

初めてお尻にニキビが出来た時は「えっ!まさかお尻にニキビが?」と驚く方が多いと思います。

ニキビの原因には皮脂の分泌量が関係しているということを知っている方が多いですし、お尻は身体の中では比較的皮脂量が少ないところだからです。

にもかかわらず「お尻ニキビ」という言葉が普通に聞かれるように、お尻にニキビが出来るのは珍しくありません。

その理由は、確かに皮脂量は多くはないのですが、お尻という場所が特に過酷な環境にあるからです。

皮脂量が少なくても、毛穴が詰まるとニキビになります。

元々皮脂量が少ない場所は、顔のTゾーンのように皮脂量が多い場所に比べて毛穴が細いですから、詰まりやすさの程度からすると、それほど変わらないかもしれません。

お尻ニキビができやすい環境とは

それでは、お尻の過酷な環境というのをご説明します。

まず私たちは一日に何時間も座る生活をしていますので、お尻はその間ずっと圧迫されたり、下着と摩擦を起こしたりしています。
その分、角質は分厚く硬くなっており、毛穴は詰まりやすくなっています。
お尻は新陳代謝も活発ではありませんので、ターンオーバーが遅れがちで、元々角質が厚くなりやすい場所でもあります。

また、顔に汗をかくと、拭き取ったり顔を洗ったりしますが、お尻に汗をかいた時はそのまま入浴するときまで放置ということが多いでしょう。

下着の生地が化繊やナイロンなど通気性が悪いものだったりすると、蒸れて更に条件が悪くなります。

せっかくお風呂で洗っても、きれいに流さずに洗い残しがあると、ニキビやおできの原因になります。

つまり汗で皮脂も溜まって毛穴が詰まりやすい、埃や汚れも付いたままなので、余計に毛穴が詰まりやすいのです。

このような条件ですので、皮脂量が少ないと言え、ニキビが出来ても全然不思議ではない場所なのです。

そしてアクネ菌が繁殖して一度ニキビができると、化膿したり潰れたりしやすく、メラニンによる色素沈着も起こりやすいので、ニキビ跡も残りやすい、厄介な場所なのです。


お尻ニキビの治し方まとめ
        

ホーム RSS購読 サイトマップ