お尻のブツブツ・ザラザラ

お尻のブツブツ・ザラザラは危険信号

お尻のブツブツ・ザラザラは危険信号

お尻のブツブツザラザラ

自分でお尻を触ってみて、ツルンツルンのお尻ではない、何となくブツブツ・ザラザラした鮫肌のような感じがする。
そんな時はすでにあなたのお尻は、お尻ニキビや黒ずみの危険信号です。

ブツブツ・ザラザラの正体は、ほとんどの場合、古くなった角質で、角質肥厚(かくしつひこう)という状態です。

普通、古くなった角質は剥がれ落ちて、新しい角質層が現れるのですが、この新陳代謝(ターンオーバー)が遅れると、角質が剥がれ落ちずに残ってしまい、どんどん分厚くなっていきます。
この状態を「角質肥厚」と言います。

この状態から、汚れが付いて黒ずみになったり、毛穴が詰まってお尻ニキビになったりしますので、すでにその予備軍の状態です。

原因はやはり、下着との摩擦や汗による蒸れといった、お尻特有の過酷な環境と、お手入れ不足によるものです。

出来てしまった角質肥厚は、ピーリングで取り除いたり、当サイトでお薦めしている、お尻専用ケア商品「ピーチローズ」を使ってみてください。

⇒ピーチローズの公式サイトはこちら

そして肌触りの良いオーガニックコットンで風通しが良い下着に変え、汗はこまめに拭きとるくらいに、いつも清潔にしておくことが大切です。

毎日鏡でお尻を見たり、自分で触って確かめる人も少ないと思いますので、気が付くとザラザラだったりすることも多いです。

毎日確かめなくても、清潔にする習慣、お尻ケア習慣を身につけるように、最初はちょっと努力してみましょう。
そうすれば美尻はあなたのものです。
        

ホーム RSS購読 サイトマップ